男性は女性を恋愛対象や結婚対象として見る場合、まずは年齢と容姿でアリかナシかを判断するため、若さで勝負できない場合は、容姿を磨く必要があります。

 

昔からの知り合いとかであれば、中身で勝負もできますが、そうでない場合は先入観の視界から入るため、彼氏が欲しい人は、せめて人並みの状態をキープする必要があるんです。

 

体型は最もわかりやすく、デブ専でもない限り、太った人は食費がかかるかだらしないと判断されて非対称となります。

不美人の人でも、清潔さを保つことは大事なので、髪や肌や爪のお手入れをして入念にケアし、男性の前ではナチュラルに見えるバッチリメイクをすることが大切です。

 

メイクや洋服センスを磨き、自分に似合った年相応の、自分を良く見せる風貌術を身につけるとモテることに近づきます。

 

休日に人の多い場所に一人で出向き、休日に家に引きこもりすぎないことも大切です。

SNSで出会った趣味仲間のオフ会に参加したり、男性が多いジムに通ったり、ボランティアやイベントに参加すれば、自分と似たような志向の人に出会えるので、流れで連絡先交換をできる場合も出てきます。

 

私は大学卒業後は医療機関で働いていたため、職場は女性が8割で男性は既婚者が恋愛対象にならない年齢の人の職場にいましたが、野球シーズン中週1回は、一人か友達とカープファンが集う同じ居酒屋に行っていたら、カープファンの顔見知りが複数できてたまに飲むようになり、そのうちの一人と交際に発展したことがあるので、外に出ることは大切です。

 

彼氏が欲しいのであれば、心ではガツガツ行き、それを表面に出さずに外に出て行動に移すことが大切です。