今日の日本では少子化だの、独身者が増えているだの、結婚できるような生活環境が無いだの、草食男子だの…いろいろ言われていますがそれでも結婚したいという人達もいる事はいます。

 

しかしながら意欲はあっても結婚へと繋げる為の機会が無ければ意味がありません。

同じ職場同士の職場恋愛でなら多少はあるかもしれませんが業種的に出会いが無いのも存在しますのでそうなるとやはり出会いの場を設けやすいのが次の方法です。

 

・結婚相談所&婚活アプリ へ登録

まずはここへ一度登録してみると良いでしょう。

双方自身の事と相手のタイプを登録するのが基本です。

 

今の御時世だとアプリの方が便利そうですが相談所には婚活アドバイザーや仲人カウンセラーが駐在している所が殆どですので自身のイメージしてるパートナーを探すのに大変役に立ちますので私個人としては相談所の方が探しやすいです。

相談することで自分がタイプと思っていたのより相性がいい女性と出会えるかもしれませんので…

 

・婚活パーティーへ参加

やはり理想の女性と思っていても実際に見るとよくも悪くも印象は変わってきます。

その為人前に出る事に、いや出会いが欲しければ出ないといけませんね。

 

パーティーがあるなら積極的に参加して出会いの場を増やして行きましょう。

もしその場で理想のパートナーと思える女性と会えなくてもパーティーとはこういう場なのだと授業料と思えば無駄じゃありません。

 

この二つが有効的です。特にパーティーは県があげて主催してるのも存在しニュースになる程の地域もありますので本気で探しているので使わない手はありません!

…とここまでいろいろ言いましたが、やはり一番大切なのは

 

まずは女性への扱いになれる

 

いくら上記を使っても自身が女性への扱いが下手くそなら全てが無に帰すと言っても過言ではありません。

 

本人は上手く扱ってるつもりでも実は不満だったりと女性と男性では感じ方が違う物、お付き合いからの結婚したいな…と思っているならより観察して上手く合わせた付き合い方をするのが大事です。

 

そして最後にもう一つ、これらはあくまで結婚へ進むための「手助け」でありこれを生かして進むか否かは自分自身の行動にかかっています。

本気で結婚したいならめげずに取り組んでいきましょう。

どうして結婚したいのか?を考えてみてください

そろそろ40歳も近づいたという独身男性はこれまで不自由はなかったわけですし、基本的に特定の女性が傍にいなくても人生を謳歌することができるタイプだといえます。

 

ただ、適度に遊ぶことができる女性がいたとしても、人生の伴侶を選ぶとなるとまた別です。

心身ともに老いが見え始め、両親の介護や世間的な目なども気になり始めた頃に漠然と不安を抱えて婚活を考え始めるというケースが多いでしょう。

 

しかし、厳しいことを言ってしまうと、この年代の婚活成功率は極めて低いものになっています。

その原因は、結婚したい理由が好きな人と共にいたいからではなく、結婚をして所帯を持つという格好にだけ捉われてしまっているからです。

 

時間もお金も自由でのびのびと過ごしているのに、「アラフォーになったから」、「何となく妻の存在が欲しい」のが結婚をしたい理由というのであれば、婚活の意気込みとしては足りないのです。

 

まずはどうして結婚をしたいのか、その理由を明確にしてください。

その上でどうしても結婚という選択をしたいのであれば、自分を全力で磨いて誰かを愛し、愛されるための努力をする必要があります。

 

女性はお手伝いさんでもお世話係でもありません。

好きになってもらうために自分をよく見せて、相手にとって自分が結婚するに価値があると判断してもらわなくてはならないのです。

 

おすすめなのが、アラフォー世代が対象となっている婚活サイトや婚活パーティの利用ですが、印象をよくするために外見を磨いたり、自己アピールのために趣味や特技などを磨いたり、話術を磨いたり、相手に求めてもらう自分になるためにできることはたくさんあります。

少なくとも同じ集まりにいるライバルよりも魅力的に見せなければなりません。

 

そんなアピールは「何となく結婚したい」という心がけではとてもできるようになりません。

本当に結婚をしたければ、本腰を入れて自分の商品価値を高める努力をしてください。